イメージ画像

看護師の働き方:シップナース

看護師の活躍の場は、病院に限った事ではありません。「シップナース」という仕事を聞いたことがあるでしょうか。少しずつ知られてきているものの、まだまだあまり知られていない看護師の仕事がシップナースです。

シップナースとは船の上で働く看護師のことで、病院で働く医師と看護師の関係のように、船の上で船医と看護師として働きます。 シップナースといっても当然すべての船に配置されているわけではなく、ある程度の規模を誇る船で、しかも長期間航行するような船に限られます。

乗客の健康管理やケガ、病気に対する応急処置はもちろんのこと、乗組員の健康管理も大切な仕事です。 似たような仕事に、ホテルやレジャー施設の医務室での勤務やイベントナース、ツアーナースなどがありますが、シップナースとは決定的に違うところがあります。 それは、“船の上でなんとかしなくてはならない”ということです。

地上のケガや病気であれば、ある程度の応急処置をすれば病院を紹介したり、送ったりすることができます。 時にはすぐに救急搬送が必要と判断して、救急車を呼ぶこともあるでしょう。

しかし船の上では必ずしもそうはいきません。 今、船の上にある設備と薬品でできることで対応しなくてはならないのです。 つまり、シップナースには豊富な知識や技術、経験が求められます。

より大きな船になれば、外国人への対応や、外国での対応も必要となってくるでしょう。 そうなると語学力も必須能力となります。 シップナースを目指すのであれば、看護師として総合病院や救急病院で働き、さらにツアーナースやイベントナースで経験を積むのがよいかもしれません。

大変な仕事ではありますが、とてもやりがいがあり自分自身を磨いてくれる仕事であることは間違いないでしょう。 またさまざまな地を旅したり、色々な人との出会いが好きな人には楽しい仕事かもしれませんね。

あまり求人を目にする機会は少ないかもしれませんが、興味のある人は早めに情報を集め、日ごろから最新の医療知識や語学を学ぶなど努力が必要です。

看護師の働き方:介護施設で働く

近年、看護師の就業先として増えてきているのが介護関連です。 中でも介護施設は高齢化に伴って、増えており、そこで働く看護師の需要も高くなっています。 今後も高齢化が進むことを考えると、ますます需要が高まる可能性があるので、就業先のひとつとして考えておきたいですね。

就業先のひとつとして考えておく上で、注意しておかなければならないことがあります。 介護施設とひとくちにいっても、大きく分けて2種類あり、それによって施設としての目指す目的や仕事内容が異なるということです。

それらを混同していてはいざ就職したときにこんなはずではなかったということになりかねませんし、なによりも就職活動の時点でつまずいてしまうかもしれません。

介護施設には、「介護老人保健施設」と「介護老人福祉施設」の2種類があります。 介護老人保健施設は、基本的には自分の家で生活ができるようになることを目的として入るところです。

一種のリハビリ施設のようなものであり、医師がいて看護師も24時間常駐します。 100人以上が入所するところでは、看護師が10人以上、介護士が24人以上勤務しなければならないことになっています。

もうひとつの介護老人福祉施設は、自宅での生活が困難な人や付きっきりで介護が必要な人が生活するところです。 いわゆる“有料老人ホーム”がこれにあたります。

有料老人ホームの場合は看護師が3人以上、介護士が31人以上と、介護老人保健施設と比べると介護に重きを置いています。 つまり、介護老人保健施設は“自宅に帰ることを目的としたリハビリ病院”、介護老人福祉施設は“介護を受けながら生活する場所”ということです。

これらの違いを知った上で、就職活動する必要があります。 介護老人福祉施設は特に地方を中心として、今後も増えていくでしょう。 ただし医師が常駐しているわけではないこと、介護老人保健施設に比べれば看護師の人数が少ないことなど、負担が大きい可能性があることも考慮しておく必要があります。

このページの先頭へ